ご縁の不思議 1

Blog

前のブログで、「よくわからないけれど、一時的に親しくなる人たちがいます。」ということを書きました。

私は基本的に一人行動なので、誰かと予定を合わせたり、一緒に何かをするようなことは殆どありません。

そのような感じなので、逆に、仲間意識を持たれてグループの輪の中に置かれたりすると、居心地の悪さを感じてしまうような人間です。

そんな人間でも、繋がるご縁があるのは、面白いものだと感じています。

とは言え、思い返すと、イベントやセミナー等に出向いて知り合った人たちなので、そういう意味では、開催されたイベントやセミナーの内容に興味を持って集った人たちという、共通項はあります。

そんな共通項を持ちながらでも、全員と知り合って親しくなるようなことには、もちろんならず、自らが発する波長に見合った人間関係を築くようになります。

参加したセミナー等で、まま経験することなのですが、私に対して敵愾心を持つ人がいます。

エンパスなので相手のことが解るのですが、ようは嫉妬心から私を敵視するのです。

嫉妬する側からすると、私はとても優秀?に見えるのか、引きずり堕とそう、凹ませようと一生懸命に?仕掛けてきます。(苦笑)
(こき下ろす発言をしたり、私が出来ていないことを言葉を尽くして説明しようとします)

でも私からすると、相手の状態が解るので、セミナー受講生が私に何を言ってもダメージは受けません。
(しょせん自分のプライドや虚栄心を誇示するための言動に過ぎないので)

しかも私からすると、セミナーに来る目的は、知識や技術を得る為であって、同じセミナー受講生を嫌って邪魔することじゃないのよね?とも考えています。

そういう人を見ると、その人の人生の時間も、かけたお金も勿体ないと思い、悲しくなります。

結局そういう人たちは、知識も技術もたいして得ることなく、プラスアルファな出来事もなく、ただ時間を浪費しただけで終わってしまいます。
(以前のブログでも書きましたが、私の人生の時間の無駄になる為、こういう人たちは一切相手にしません)

“プラスアルファ”というのは、エネルギーワーク系のセミナーの場合、ひょんなことから過去世(もしくは未来世)に預けたものを返してもらったり、予定外のスキルが開発されて出来ることが増えたり、本来のセミナー受講以上の出来事が起こることを指します。

このようなプラスアルファな出来事だって、ご縁が引き寄せるのです。

タイトルとURLをコピーしました