コロナウイルス対策の基本②

Blog

市販されている一般的なマスクは症状(咳やくしゃみ等)のある人の病原菌飛散防止には役立ちますが、 ウイルスの感染予防効果はありません。

マスクに感染予防を期待するのであれば、密着性の高い、呼吸に息苦しさを感じるほどのマスクである必要があり、 そんなマスクは着用し続けることが困難です。

それにも関わらず現在の流れは(一般的な)マスクの着用を促す方向に進んでいるように感じます。

そして学校休校や各種イベント開催中止等、全体の流れから透け見えるのは、 コロナウイルスはすでに国中に蔓延していて、 国民同士が互いにうつし合いっこするのを極力予防したい思惑があるように感じます。

血液中の白血球やリンパ球に、情報伝達物質であるサイトカイン、小腸の中にある粘膜免疫等々。

これらが適正に機能するには、その前提として身体全体の各機能が有効に作用している必要があります。

むしろ身体全体の各機能が作用しようとするのを阻害しない生活が送れているかが肝要です。

①規則正しい生活、②栄養バランスの良い適量の食事、③適度な運動(活動)、④十分な睡眠、 身体(肉体)に負担をかけない生活がどれだけできていますか?

①~④が出来ていれば免疫機能はちゃんと作用するのでコロナウイルスなんて全く怖くありません。

①~④の基本的なことを地道に積み重ねていくことで、仮に感染しても大丈夫!と言える強さを持つことができます。

その強さが、間違った情報やデマに踊らされない、自分自身を築いてくれると考えます。

タイトルとURLをコピーしました