レポートカード16 その1

Blog

ユニセフ報告書「レポートカード16」をご存知でしょうか。
先進国の子どもたちの精神的・身体的な健康と、学力・社会的スキルについてランキングしたものです。
(引用元:https://www.unicef.or.jp/report/20200902.html

このレポートカードシリーズがテーマとする「幸福度(well-being)」とは、客観的、主観的指標を使い、子どもたちがどれくらい幸福と言える状況にあるのかを、多面的に捉えようとする考え方です。

日本の子どもの幸福度の結果は、総合順位20位でした。

身体的健康は1位でした。

一方、15~19歳の自殺率が高い方から12番目、「今の生活全般に満足している」(0~10の数字で6以上を選択した)子どもの割合が低い方から2番目だったことから、精神的幸福度は38カ国中37位のワースト2位。

そして、子どもたちが生きていくために必要な「スキル」を測る指標として報告書は学力と社会的スキルの両方の着目。
学力が上から5番目だった日本ですが、社会スキルの指標として使われた「すぐに友だちができる」と答えた子どもの割合は低い方から2番目でした。
結果として、38カ国中27位に。

このように指標によって良いものと悪いものが両極端にあらわれているのが、今回の日本の特徴でした。

身体的健康の順位が高い(上位1/3)一方で、精神的幸福度が低い(下位1/3)という両極端な傾向を示した国は日本と韓国だけです。
逆にイタリア、ポルトガル、ギリシャなどは精神的幸福度が高く、身体的健康が低いという結果でした。

日本がこのような結果になった要因として、様々な角度から論じられていますが、私は、阿部彩氏(東京都立大学人文社会学部教授兼子ども・若者貧困研究センター長)のコメントが最も説得力があると思っています。
詳細は上記引用元webをご覧いただくとして、簡単に言ってしまえば、経済状況が幸福度にも影響している、ということです。

阿部氏のコメントにもありますが、東京都が2016年に行った「子どもの生活実態調査」でも、精神的幸福度や、いじめに遭う確率も、家庭の経済状況と関係していることが報告されています。

このレポートカード16の2つ前のレポートカード14では、格差についてのランキングも示されており、日本は41カ国中32位であり、れっきとした格差社会です。

私は日本という国は、資本主義を基礎に置いた、民主主義国家だと認識しています。
つまり、資本主義>民主主義、です。
ここを多くの方が、民主主義>資本主義、と認識しているようですが、違います。

従って、国(政治家)が行う政策は、経済第一主義となります。
お金を稼ぐ人に有利な政治を行い、稼げない人を守らない社会にしています。
しかも現在、首相である菅さんは、自助を第一に挙げ、次に共助、最後に公助としており、助けないことを明言しています。
そういう政治家を選んでいるのは、私たち国民です。

選挙に行く、行かないは関係ありません。
選挙に行かず、投票行動を取らない人は、消極的選択行動をしているに過ぎません。

この現状は、私たちの選択の結果である、ということです。
こういう国に私たちは生きているのです。

タイトルとURLをコピーしました