対コロナウイルス対策としての次亜塩素酸水について

Blog

コロナウイルスは油性の被膜に覆われているため、この被膜を破壊することができればウイルスを不活化できます。

従って、アルコールだけではなく、中性洗剤や次亜塩素酸水でも不活化することができます。

この次亜塩素酸水について、ネット上に限らず、一部報道でも、性質の異なる物質が同じものとして扱われているのを見かけ、少々、気になっています。

例えば、水と塩を電気分解して得られるのは「電解次亜水」で、アルカリ性の液体ですが、これを次亜塩素酸水と認識している方が多くいます。

確かに電解次亜水に次亜塩素酸の成分は含まれていますが、アルカリ性のため、腐食性は高いですし、適正濃度で使用しないと肌荒れを起こします。

人体に害のない範囲=弱酸性~中性で、かつ、ウイルス不活化作用のきちんとある消毒薬=有効濃度&適正濃度が保たれた液体、を素人が作るのは少々ハードルが高いように感じます。

できればしっかり濃度表記がされた弱酸性の次亜塩素酸水を購入し、それを適正濃度に薄めて使用することが一番安全かと思います。

例えば、塩と水で電解次亜水を作ったとして、出来上がった液体の濃度はどうやって測定するのでしょうか?

例えば、中性と思い込んでいた次亜塩素酸水が実はアルカリ性で、使用した先で色落ちや腐食が発生した場合、使用者の身体は大丈夫なのでしょうか?

実際、私が利用しようとしたスーパーの店先に置いてあった次亜塩素酸水は刺激が強く、適正濃度に薄めていないと思われました。

思い込みと信頼することは違います。

個人が使用する分には自己責任で終わりますが、家族や職場等、他人を巻き込むのであれば、自分の信頼を失わないようにお気を付けください。

タイトルとURLをコピーしました