我流しかできない

Blog

これまでに私が講習を受けたことがあるのは、思い出せる範囲で以下の通りです。

数秘術
レイキ
シータヒーリング
セラフィムブループリント
リコネクション
霊能者が開催しているセミナー(複数)

他にもいくつか単発のセミナーを受けたことがありますが、あまり覚えていません。
面白かったものもあれば、散々な内容だったところもあり、それはそれで経験値を積むことができました。
本業以外での出会いも様々あり、振り返れば、楽しくないトラブルや面倒ごとも、なかなかに興味深い経験でした。

で、上記セミナーの中には、修了証と共に、〇〇プラクティショナー等、名乗れる肩書を授与してくれるところもあります。
スピリチュアルカウンセラーや、ヒーラーを生業としている人の中には、保有資格としてプロフィール欄に、それらを記載している人たちもいます。
それが私からすると、「名乗れるなんて、えらい!」ということになります。

何故かというと、私は教えられた方法、そのままで出来ない人なのです。
どうしても私自身のやりやすい方法、我流にアレンジしてしまうので、習ったそのままの方法で行うことができません。
習得したものをベースにはしますが、望ましい結果を得るには、私ならこうする、という形に変えてしまうのです。
まぁ、結果が一緒なら良いじゃん、とも思うのですが。

とはいえ、手順というか、エネルギー的なプロセスが多少違うので、保有資格として名乗るには申し訳なく感じてしまうので、私は各種セミナーで授与された肩書を名乗ることができません。
どのみちスピリチュアルカウンセラーやヒーラー等の看板は背負ってないので、名乗る必要もないのですが。
ただご自身のプロフィールとして載せている方々は、私の出来ないことをしている、えらい人だな~という認識です。

我流になってしまうのであれば、なんで各種セミナーを受けるんだ?という疑問を持たれた方もいるかもしれません。
ですが私からすると、各種セミナーを受けたから、我流が確立できた、と言えるのです。

例えば、A地点から、B地点へ変化させよう、という場合に、それが簡単に出来てしまうと、出来ない状況がわかりません。
セミナーで手順や方法が示されることで、その出来ない場合のプロセスを体験することができ、そこでエネルギーの流れを把握することができると、やり方がわかります。
やり方がわかれば、あとは私のやりやすい方法で再現(=ここが我流)すれば、誰にでも応用することが可能になります。

我流しか出来ないのは、個として確立できている強みもありますが、手段・方法論的に間違えていないかどうか分からない怖さもあります。
そういう意味では、ある程度、広く知れ渡っている手順や方法は、それなりに安全である、と言えるのです。
特に経験値の少ない若いころには、必要なことだったと認識しています。

加えて、私は知的好奇心が旺盛な知りたがりでもあるので、他の人がどうやっているのか知ることにも興味がありました。
今でも他人のプライベートには全然興味はありませんが、能力者の方がやっていることを端から眺めることは大好きです。

タイトルとURLをコピーしました