更年期を楽に過ごす

Blog

閉経を迎える50歳ごろを挟んだ約10年間(45歳~55歳頃)を更年期と言います。
ほとんどの人にのぼや発汗等の症状が現れますが、これだけで障害とは言わず、欠勤する、家事ができなくなる等、日常生活に支障が出る場合を更年期障害と呼びます。

更年期障害の主な原因は、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な低下で、この低下は男性以上のペースで進行します。
(男性にもエストロゲンは分泌されているのですが、同年代の男性以上に、更年期の女性は減少してしまいます)

更年期障害の対処策として、ひたすら耐える、ホルモン補充療法を受ける、漢方薬を服用する、カウンセリングを受ける、サプリメント(エクオール)を摂る等ありますが、一番お勧めなのは、ホルモン補充療法(以下HRT)です。

HRTは、更年期障害だけでなく、閉経後に発症しやすくなる脂質異常症、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、骨粗鬆症といった病気の予防にも有効です。
さらに、アンチエイジングにもお勧めで、肌が潤い、乳房にハリが出るなどの変化も期待できます。

HRTは、たくさん恩恵のある素晴らしい治療法ですが、日本ではあまり普及していません。
その理由の一つとして、以前の日本では、HRTを受けると乳がんリスクが上がると言われ、敬遠されていたためです。
現在ではそれは否定され、乳がんリスクはかなり低いことがわかっています。

HRTであれば、一つの治療法で済むのに、それを知らずにいる方の中には、内科で脂質異常症や高血圧症の治療を受けたり、整形外科で骨粗鬆症の治療を受けたり、エクオールのサプリメントを摂ったり、するように、個別で対応している方がいます。

確かに一部、HRTの適用にならない方(重い肝疾患、乳がん、子宮内膜癌、原因不明の不正出血、血栓症を発症している人たち)もいますが、ほとんどの方は問題なく受けられます。

症状としてメジャーな、ホットフラッシュに発汗、腰や手足の冷え、息切れや動悸だけでなく、他にも、寝つきが悪いや眠りが浅い、イライラしたり短気になったり、逆にくよくよしたり憂鬱になったり、頭痛やめまい、吐き気、疲労感、肩こりや腰痛、手足の痛みなども更年期の症状です。

もし更年期にいる方で、何等かの困った症状があり、それで辛い思いをしているなら、一度婦人科を受診してみませんか?
もしくはHRTを受けてみたい、と医師に相談してみて下さい。

HRTを受けてみて、それが自分に合わなければ、止めれば良いだけの話です。
でも恐らく多くの方が、以前よりも安定し、楽になったご自身になれると思います。

タイトルとURLをコピーしました