瞑想のススメ

Blog

ここ最近、通常勤務(出勤)とテレワーク(在宅勤務)を併用しながら働いています。
そのおかげでテレワーク時、朝の時間に余裕があるので、短時間ながら瞑想をして一日をスタートさせています。
そして瞑想後に、その日、一日が終わる時に、どんな言葉を自分が発していたいかを考えます。
そしてその言葉を発した際に、自分が感じるであろう感情を感じるようにしています。

この朝の瞑想を何度も繰り返すうちに、私自身が一日の終わりに発していたい言葉は、「今日も充実した一日だった!」が一番しっくりくることに気付きました。
そして充実した一日が過ごせると、とても満足度が高く、充ち足りた感情に満たされることを、改めて実感することができました。

充実した一日にするためには、無為に過ごす時間がもったいなくなります。
そのため、一日の簡単な予定を立て、それをまずは片付けて、それらが終わると、次は何をやろう?という思考でいるようになりました。

こうなると、何でも主体性を持って臨めるので、たとえ息抜きのための漫画読みでも適当なところで切り上げますし、息抜きですら、時間を無駄にしたような罪悪感もありません。
しかもちょっとした雑事にもどんどん手を出すため、身の回りがさっさと片付き、結果、常に軽い状態でいられるような好循環が生まれました。

つまるところ、一日の中で占める家事や各作業の時間配分は以前と変わりないのかもしれませんが、意識の置き方次第で、内側の充実度合はずいぶんと変わるのだな~、という気付きになりました。

このように内側が充実してくると、次はどの段階に自分が居たいか、という方向に、より充実させるには何をしよう?という方向に思考が変化(進化?)しました。

このように意識状況は変わりましたが、現実の私が置かれた環境や、社会情勢等は何も変わっていません。
先行き不透明な状況(多額の借金を背負い、返済中の身)であることも何も変わりません。

そのような状況でも自身を満たすことは可能であり、より高いレベルの愛情を内包する自身にもなれるようです。
とは言え、現世を生きる一個人ではあるので、上下変動は当然あることでしょう。
でも方法(手段)がわかったので、いつでもここに戻ってこれる自信もできました。

瞑想、とてもお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました