私の日常(健康法)

Blog

私は看護学校を卒業後、看護師として大学病院で働き、その後、保健師学校を出て、現在の企業に産業保健師として勤務しています。

基本は西洋医学を修めましたが、冷え性が悪化したことで東洋医学に関心を持ち、そこから新藤義晴医師の冷え取りを知り実践しています。
その後、紆余曲折を経て、甲田光雄医師の西式甲田療法を知り、取り入れつつあるところです。

現在の私は、米飯を基本に野菜と植物性たんぱく質、たまに魚介類を食べています。
お菓子を食べる場合は、せんべい系とチョコレート、ナッツ類です。
間食はせず、食事の後に少し食べる程度です。
お酒も飲みますが、材料をガン見して原材料がシンプル(米、ブドウのみ等)な商品を選んでいます。

そして増加傾向と感じている発達障害の方々に対し、対処法を模索するなか栄養療法を知り、それを柱に治療しているクリニックに行き、知見を得つつ、毛髪検査を受け、その結果から、私自身に不足している栄養素をサプリメントで補うようになりました。
それと同時に私に合わない食品(小麦や乳製品等)は摂ることを止めました。

他にも毛髪検査でたんぱく質不足が指摘され、一時期、動物性たんぱく質も食べるよう努力してみたのですが、食後に起こる腹部の重量感に耐えきれず、結局、止めてしまいました。

今後も検査を受けながら、食のちょうど良い加減を見つけていきたいと考えています。

ちなみに身に付けるのは、綿麻絹等の天然繊維素材のものです。
冷え取りの関係で、絹の靴下を履くのが基本なので、洗濯は石鹸を使います。
自分の身体も、食器も、掃除も、全て石鹸を使っています。

別にエコロジーな訳ではありません。
その証拠に?ハンカチを持ち歩かずに、代わりに懐紙を持ち歩いています。
職場では水場がないため、紙コップを使い捨てています。

こうして書いてきて、意外と自分は自然よりなのだと気付きました。
ブログを書き始めた当初、自分が思っていたよりもスピリチュアル寄りなことを書いていて驚き、小さくショックを受けたのですが、今も似たような感慨を持っています。
ただ日常生活からケミカルなものを極力排除しようとすると、自然とこうなるのかもしれません。

中にはサプリメントはケミカルじゃないのか?と思われる方もいるかもしれませんが、現在市場に流通している食材は昔ほど栄養価が高くないため、サプリメントで補充した方が良いと考えています。

上記のクリニックで販売しているサプリメントは治療として用いられるだけあって、質の高さは保証できます。

人によっては修行僧みたい…と感じられた方もいるかもしれませんが、当の本人は、特段無理はしておらず、その方が快適だから続けている、という認識です。

タイトルとURLをコピーしました