自分軸について

Blog

一つ前「不完全の中の完全性」の記事の中で、サプリメントを止めた、と書きました。
その後、待ち望んでいた能力が回復するのに2週間ほど要しました。
久し振りに回復した能力が遺憾なく発揮できた時は、「そうそう、こうだったよ!」と、とても嬉しくなりました。

昨年以降、多くの方々が、様々な立場から、数多くのメッセージを発信しています。
私も似たようなメッセージを発信したりしていますが、どのメッセージを選択するにせよ、ご自身にとって、しっくりくるのであれば、それが正解です。

違和感を感じたり、何か引っかかりを感じたり、物足りなさや、疑念、恐怖感や焦燥感を煽られたりするようであれば、それは合わないメッセージなのかもしれません。
どうしても、個々のたましいのルーツや、系統の違い、成熟度合の違いといったものがあるため、万人に合致するものはないと私は考えています。

かくいう私も、ずっとフォローしていた霊能者さんが発するメッセージにだんだん違和感を感じてくるようになりました。
正直、私の感覚がズレているのかな?とか、私が付いて行けてないのかな?とか、付いて行けるよう私がもっと頑張らないといけないのかな?等と受け止めたこともあります。
でもそれもちょっと違うような気がする…と感じ、特に何もせず傍観していました。

そんな最中、回復した能力を使い、とある神社でそこに居る存在と話しをした折に、以下のように言われました。
この世界は、様々な層(次元)が重なり合った世界。
そして両極が揃った世界であるから、どちらか一方だけが正しい訳ではない。
貴方には、あちら側の次元が合わないだけであり、無理に合わせる必要もない。
当然、全てを網羅するような在り方もない。
だから気にする必要はない。

これらの言葉がストンと肚に落ち、目の前の霧が晴れたような明るい気分になりました。
自分にとって得心のいく言葉であれば、そこに疑念を挟む余地はありません。

私の発する言葉に違和感を感じるのであれば、その感覚を大切にして下さい。
違和感は自分自身から発せられた大切なメッセージです。

できれば、その違和感をしっかり見つめ、何が受け入れ難いのか、ジャッジするのではなく、できれば分析し、内容を把握して下さい。
そうすることで自身が大切にしたいもの、自分の中心が明確化されます。
明確化されることで、自分にとっての正解が何であるか判断できるようになります。
そしてそれがそれが自分軸と呼ばれるものになります。

タイトルとURLをコピーしました