除霊と浄霊について

Blog

私は、何かや誰かに憑いているモノをただ外す(繋ぎを断つ)ことを除霊と認識し、外したモノが二度と憑かないようにまで処理する(面倒をみる)ことを浄霊と認識しています。

除霊はただ外すだけなので、双方が引き合えば、再び繋がることは簡単におきます。

二度と繋がりたくないのであれば、繋がる前と変わらないといけません。

(霊能者として活動している方の中には、存在そのものを滅することができる人もいます。そしてそれを除霊と表現しています。一時的に外すだけの私とは、同じ表現でも用いる意味合いが異なることを、ここでお断りしておきます。)

そして私ができるのは除霊までで、浄霊することはできません。

除霊はできるけど、やりたくないことなので、私はやりません。

除霊の方法は誰かに教わった訳ではなく、たまたまの出来事がきっかけで「あ、除霊ってこうやるんだ」ということが判りました。

単に、繋がりのエネルギーを断つ、ということなので、以前は頼まれればホイホイ外していました。

やらなくなった理由は、外すと外したモノが自分のところに来ることが判った為です。

自分でもそんなのは嫌なので、実話系心霊漫画を読み漁り、対処策を知ろうとしたのですが、本物の霊能者の方々も除霊や浄霊の際は一旦自分に乗せると仰ってて、そんなの素人の自分の手に負えるはずもない、と理解しました。

と同時に霊能者を職業として生きる人たちは、自分の命をかける危険な職業だな、ということも理解しました。

世の中には霊能者に憧れを持つ人もいますが、自分の命をかけてボランティアするぐらいの気概がないと務まらない職業だと私は認識しています。

昔は良かったのに、だんだんおかしくなる霊能者さんがいますが、それは自分のところに来たモノを、きちんと処理できていない為に起こるのだろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました