515

Blog

5月15日~16日は伊勢。
前日に熱田神宮で受け取った天叢雲剣と、ハワイに立つ塔のエネルギーが入った勾玉と、鏡の3種の神器が揃った状態。
認識する形は違えど、最奥にあるエネルギー、本質は同じもの。

火と水のエネルギーが一緒になった存在である龍。
白だけでなく、透明感を持った虹のように煌めく。
眼に光が入り、きらきらしている。
(龍だけでなく、周囲もとても輝いていた)

統合された存在。
統合していくこと。

陰も陽も、光も闇も、形あるものも形ないものも、全てひとつに。
元に戻るために必要なことが起きるだけ。

炎は浄化。
人間が生み出した毒で死ぬか、コロナが毒を燃やす過程に耐え切れずに死ぬか。
後遺症も含め、どのみち取り込んだ毒が原因である事実は変わらない。
毒を取り込まない&毒を生み出さないようにすれば良いだけ。

自然災害は人間視点。
気候変動だって、火山の噴火や地震だって、地球の活動。
どちらかに傾き過ぎたら、傾いた分だけ、中庸に戻す必要がある。
太古の昔から続いてきた地球の活動。
炎で浄化され、水で押し流された、その場所に生命が誕生する。

ちいさいまつりは地球に人間が存在する許可を得る儀式だった。

タイトルとURLをコピーしました